スポンサーリンク

こんにちわ!!しんいちです。

 

今回は、料理を始めようと思っている方が

「料理始めようと思うけど、調理器具って何買ったらええんや?」という方向けに

最低これだけは揃えておきたい調理器具をお伝えさせていただきます。

 

スポンサーリンク

絶対必要な調理器具

 

では、必要な調理器具を説明していきます。

 

 

①包丁

 

まずは、包丁です。

これがないと食材をカットできないですからね。(笑)

 

 

おすすめは初心者の方であれば、手を切るのが怖いという方については、

プラスチック製の包丁がおすすめです。

②まな板

 

包丁が必要であるということは、必然的にまな板は要りますよね。(笑)

まな板も様々種類がありますが、私が気をつけていることはまな板を食品のカテゴリー別にして

分けていること。

 

・野菜

・肉&魚

・果物

 

このような感じで食品別でまな板を分けております。

これからの夏に向けて食中毒は怖いですからね。しっかりと分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

フライパン

 

次は、フライパンですね。

調理法ってのはいろいろあると思うのですが、だいたい以下の通りだと思います。

・焼く

・炒める

・揚げる

・茹でる

・蒸す

 

フライパン一つあれば上記の工程はすべて可能となります。

おすすめ、フッ素加工してあるやつがいいですね。

また直径は24cm程度が好ましいです。スーパーに行きば1,000円以内で買えます。

④キッチンスケール

キッチンスケールは必要不可欠です。

料理なんかだいたいの目分量でええやんという方も多いと思います。

しかし、私はそうは思いません。理由は、味付けなどは塩少々などでもいいとは思いますが、

食材をどれくらい使ったかについては、把握するべきだと思います。

ダイエットしている方なら分かると思いますが、目分量で米100g測ってくださいって言ったら、

絶対、倍の200gぐらい余裕でありますからね。「米100gってこんな少ないん?」と思うこと

間違いないです(笑)

 

ですので、キッチンスケールは必需品です。

キッチンスケールについては、他のフライパンなどと違って、高いもの(名の通ったメーカー)を購入することを

おすすめします。

 

私はここ2か月で安いキッチンスケールが2個壊れました。(笑)

 

スポンサーリンク

番外編(健康志向の方向けです)

 

ここからは、番外編として

あればかなり料理にはまってしまう調理器具をご紹介していきます。

 

低温調理器

 

「低温調理器って何」と思った方、今めちゃくちゃ低温調理法が巷で流行しております。

低温調理というのは文字の通り、低温で食材に火を入れていく(約55℃~60℃程度)調理法のことを言います。

 

なぜ低温で調理するのかというと、例えば肉。

肉を高温で調理してしまうとタンパク質が変性して固くなってしまいます。しかも、、

中のうま味(水分)が抜けちゃうので、素材本来の味が失われてしまいます。

 

つまり低温調理というのは、肉の中のタンパク質を変性させずに、中まで火を通すことができる

超優秀な調理方法なのです!!

 

特に、鶏の胸肉なんかは、高温調理してしまうと水分は抜けて肉は固くなるしで最悪です。

でも低温調理があれば、あの固くて料理するのが面倒な鶏の胸肉がジューシーにいただけるのです。

 

 

まとめ

最後に

今回必要であるとお伝えさせていただいた調理器具ですが、

以下URLにてリンクを張り付けておいたので、気になる方はチェックのほど

よろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事