森友哉と六本木で合コンした相手は誰?名前や顔画像は?
スポンサーリンク

こんにちわ!!しんいちです。

 

 

 

先ほどプロ野球で球界屈指の『ヤンチャ者』として

知られる西武ライオンズの森友哉選手が美女と六本木合コンしていたと

ニュースが流れてきましたね!

 

 

 

森選手と言えば球界の大御所である

あのノムさんこと野村克也さんに『森は三冠王をとれる!』

言わしめた日本球界の宝ともいえる逸材です!

 

 

 

そんな球界を代表するバッターは

 

今回どんな女性と合コンをしたのでしょうか。

 

 

 

森選手と合コンした女性について(名前や顔画像など)を調査

しました!!

 

 

スポンサーリンク

森選手について

まずは森選手のプロフィールから見て行きましょう。

 

森選手プロフィール
出身地:大阪府堺市南区
生年月日:1995年8月8日(24歳)
身長:170 cm
体重:80 kg
高校:大阪桐蔭

 

 

と、このようになります。

 

森選手は5歳から野球を始められ、中学時代は3年生の春に

全国大会で準優勝を果たし、高校はあの有名な大阪桐蔭高校に進学をされます。

 

 

高校進学後も1年生かの秋から正捕手を務め、2年生になると

1個上の先輩の藤浪選手(現阪神タイガース)とバッテリーを組み、

史上7校目の春夏連覇を達成します。

 

 

その後2013年の10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議委で

埼玉西武ライオンズよりドラフト1位で入団。

ちなみにこの時の契約金については契約金1憶円+出来高5000万

そして年俸1,300万円です。

 

 

これだけでサラリーマンの生涯年収とまでは

いかないまでも半分くらいは稼いでますね!

 

プロ野球って本当に夢がある世界ですし、

森選手にそれだけ期待がかかっている証拠でもありますよね!

 

 

スポンサーリンク

球界のヤンチャ者と言われるわけは?

 

そんな球界きってのヤンチャもの言わている

森選手ですが、その理由は彼の性格などが考えられます。

 

 

まず森選手は先輩や後輩など年齢に関係なく

基本のスタイルとしてタメ口で話すそうですね。w

 

ちなみに同期入団の山川選手と話している動画が

あるのですが、森選手は山川選手より年下にも関わらず

思いっきりタメ口で話をしておりますw


 

お二人とも仲がいいのか
この動画をみるとほっこりしますよね!

 

 

 

また、そんな森選手ですが
ヤンチャと言われる理由はタメ口以外にもあり、
それは学生時代にヤンキーだったからだと思います。

 

実際に学生時代の画像がこちらです。

 

1枚目の写真は卒業式なのか、同級生の方と

特攻服を着たり、髪の毛は茶髪にされてます。

 

 

この画像を見ると球界のヤンチャ者と言われる理由が

お分かりいただけると思います。

 

 

 

 

 

ただ、これくらい破天荒な人の方が

肝っ玉も据わっていると思いますし、プロ野球という

厳しい世界に入ってもやっていくだけのメンタル的な強さは

兼ね備えて良そうで一野球ファンの私からすると心強い感じはしますね!

 

 

スポンサーリンク

今回の合コン相手について

では今回の本題である

合コン相手について見て行きましょう!

 

今回の合コンは森選手を含めた男女2対2の合コンを六本木で開催。

 

 

 

 

 

記事の内容によると

相手の女性については”美女”としか記載されておりません。

またお相手の女性側の情報(名前や年齢や職業)なども

一切記載されておりませんので検討がつきませんね。

 

 

 

 

 

 

合コン相手については

モザイク処理がありますがこのような方たちと

合コンをされていたみたいですね!

 

左側の女性は茶髪で身長が150cmってところでしょうか。

かなり小柄でキュートな女性だと思われますね!

 

 

さすが球界のヤンチャ者!

夜も大胆に派手に豪遊するぜ!って感がすごく漂ってますね。

 

 

 

そんな森選手ですが、

楽しそうに店を出た後は女性をお持ち帰りすることなく

そのままタクシーで帰ったとのことです。

 

 

このことから女性とは恋愛関係ではなく

友人同士でシンプルに合コンをしていたのではないかと考えられますね!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はプロ野球界のヤンチャ者の森選手の合コン相手について

調査しました!

 

女性の情報については分かり次第

情報を記載しますね!

 

今後の更なる森選手の活躍にも期待したいところです!

 

 

では!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事