齋れいな(いつき)wikiプロフィールや高校や大学はどこ?彼氏はいる?
スポンサーリンク

 

 

こんにちわ!!しんいちです。

2月10日の週刊プレイボーイに正統派女子高生の齋れいな(いつき)さんが話題になっております!

というのも彼女、大阪の超進学校に通う秀才なんだそうですよ!

 

そんな彼女は春先から上京し、夢の大学生活が始まるんだとか!

斎れいなさんが在籍している高校がどこなのか?さらには進路先の大学名や彼氏はいるのかが気になるところですね。

 

ということで今回は

齋れいな(いつき)wikiプロフィールや高校や大学はどこ?彼氏はいる?

について調査をしました!

スポンサーリンク

齋れいな(いつき)wikiプロフィール

「斎れいな」の画像検索結果

まずは、今回大阪の超進学校に通う才女と紹介されている、斎れいなさんのプロフィールから見て行こうと思います。

斎れいなのプロフィール

名前:斎 れいな

生年月日:2001年11月12日

年齢:18歳

出身:大阪府

身長:159cm

サイズ:B78 W58 H78

部活:化学部

趣味:ピアノ、フルート

所属事務所:WaVE(avex×TWH)

特記事項:「ミスいちご2018」メンバー、絶対音感の持ち主

SNS:TwitterinstagramYouTube

と、このようになっております!
斎れいなさんは大阪出身で現在は大阪の超進学校で女子高生をやりながら、芸能活動をしており、
『ミスいちご2018』のメンバーでもあります。
そんな彼女はピアノとフルートも演奏ができるいわば、天才ってやつですね。
彼女のYouTubeチャンネルがあるのですが、ギターとフルートとピアノ、さらには歌い手まで一人で4役をこなしてます。
知的で美人、しかも楽器まで弾くことができる才女ですが、高校が気になります。
スポンサーリンク

齋れいな(いつき)の高校や大学はどこ?

「斎れいな」の画像検索結果

斎れいなさんは冒頭でもお伝えした通り、大阪の超進学校に通う秀才!

春先には上京し大学生活が待っているそうですが、在籍高校と進路先の大学がどこなのかを調査してみました。

 

しかし、こちらについては特定はできなかったため推測で話をしていこうと思います。

まずは高校ですが、彼女が通っている高校は女子高ではなく男女共学の学校だそうです。

 

なので大阪府の男女共学で偏差値ランキングトップ5の高校はこちらになります。

 

  1. 北野高等学校                (偏差値:76)
  2. 天王寺高等学校            (偏差値:75)
  3. 清風南海高等学校           (偏差値:74)
  4. 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 (偏差値:73)
  5. 茨木高等学校            (偏差値:73)

 

どの高校も偏差値が70超えと化け物みたいに頭がいいですよね(゚д゚)!

さらに、斎れいなさんは化学部に所属するほどのリケジョだそうです。

上記に記載した5つの高校で化学部があるのは、清風南海高等学校 以外の4校でした!

 

となると、この4つの高校のどれかが斎れいなさんが通っている高校かもしれないですね!

ちなみに余談ではりますが、4位の大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎はお笑い芸人のロザン宇治原さんの母校でもあります!

 

また、大学については現状進路が決まっていることや入学後も芸能活動を続けていくということ、さらには

大学では学費が高いと発言していることを考慮すると、有名私立大学の早稲田か慶応ってのが無難なところではないでしょうかね?

スポンサーリンク

齋れいな(いつき)の彼氏はいる?

「斎れいな」の画像検索結果

かわいくてリケジョな斎れいなさんですが、彼氏はいるのでしょうか?

こちらについては調べた結果、彼氏がいる情報はございませんでした。

 

ただ、彼女曰く所属している化学部では女性として扱われることが少なく、荷物持ちをやらされているんだとか汗

しかし、それでも一定数彼女に好感を持っている人もいるのですが、以前によく行くコンビニの店員さんに

「毎回同じ物を買うところが好きです」ってレシートの裏に書いて渡してきたそうですよwww

 

秀才でかわいい分、ストーカー気質のような人には気を付けてほしいですね!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は

齋れいな(いつき)wikiプロフィールや高校や大学はどこ?彼氏はいる?

について調査をしました!

 

ルックスとスタイルがいいだけでなく、頭もいい斎れいなさん!

今後もしかすると、Q様や東大王などのクイズ番組にも出演する可能性は非常に高そうですね。

彼女の今後の活躍に期待ですね(^^)/

本日は当サイトに足を運んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事